仕事が嫌になったら転職

仕事が合わない、トラブルを起こしてしまったなど、今の仕事に遣り甲斐を感じられず転職をお考えの方のための転職情報をまとめております。仕事がうまく行かなかったからと転職を拒む必要はありません。次に失敗を活かすか、前向きに次の企業を探しましょう。

急募しているフォトグラファーへの転職は注意

転職を行う際、文系、理系就職の他に技術を持った人が行う仕事も多々あります。例えばフォトグラファーは主にカメラマンの技術がある人が就く仕事で、基本的には定着率の高い仕事です。しかし、フォトグラファーには様々な種類があり、いつも求人を急募しているような会社も存在しています。このような求人には注意が必要です。例え求人サイトや雑誌に載っている就業条件が一般的に良かったとしても、仕事の内容が思ったものと違う場合が多いのです。これには2種類あり、1つは業務量が膨大で、フォトグラファーという響きは非常にクリエイティブであるものの実際は作業ばかりという場合です。誰でも出来るような作業が多く、給与も非正規雇用であるが為に時給で支給されたり、正社員であっても残業代が出ないことも多いです。また、もう1つは被写体がアダルトなものであったり、モラルに反するものである場合です。これは意外と多く、面接の段階ではあまり説明されず、実際撮影を行ってみると水商売関連のものであったり、アダルト関係のものであった、ということもあります。撮影中にストレスを抱えてしまうこともありますので、必ず採用が決定する前に仕事の内容については詳細に確認しておきましょう。もし詳しく教えてくれなかったり、実際入社後聞いていたものと違う、ということがあった場合はやめるのも1つの手です。このように、急募しているフォトグラファーの求人はリスクを含んでいるものが多いです。フォトグラファーとして働きたい場合は、自分の知り合いづてであったり、少し知名度があるようなところを受けるのが無難です。1日の大半を占める仕事なので、あまり簡単に決めないようにしましょう。